教育方法論(初等教育) 学習指導案の意識と作成上留意しなければならないことについて述べなさい

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数638
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    (1)教育効果を高める教育方法とは
     児童・生徒の発達段階(知的レベル)や心理的状態を理解し、児童・生徒一人ひとりの能力(知識力や理解力)のレベルに合わせて、児童・生徒自身が自発的に学習に取り組み新たな知識がえられるような教育方法を考えることが大切である。そのためには、まず、教師は教育効果を高める為に、児童・生徒との間に、良好な人間関係を(信頼関係)を作らなければならない。
     児童・生徒の個性・能力をあるがままに受け入れ、お互いに信頼し合える人間関係を築く努力が必要である。そして教師は、日ごろから児童・生徒の生活上の興味や関心に目を向け、児童・生徒の生活に関連のあることをできるだけ、取り入れるようにする。
     従来の授業(教育方法)は、「教師中心主義」であり、教科書にかいてある知識を一方的に教える「知識詰め込み型」であった。しかし、これからの学校教育は、問題発見能力や問題解決能力といった、統合的な能力を伸ばすことが求められている。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     学習指導案の意識と作成上留意しなければならないことについて述べなさい。
    (1)教育効果を高める教育方法とは
     児童・生徒の発達段階(知的レベル)や心理的状態を理解し、児童・生徒一人ひとりの能力(知識力や理解力)のレベルに合わせて、児童・生徒自身が自発的に学習に取り組み新たな知識がえられるような教育方法を考えることが大切である。そのためには、まず、教師は教育効果を高める為に、児童・生徒との間に、良好な人間関係を(信頼関係)を作らなければならない。
     児童・生徒の個性・能力をあるがままに受け入れ、お互いに信頼し合える人間関係を築く努力が必要である。そして教師は、日ごろから児童・生徒の生活上の興味や関心に目を向け、児童・生徒の生活に関連のあることをできるだけ、取り入れるようにする。
     従来の授業(教育方法)は、「教師中心主義」であり、教科書にかいてある知識を一方的に教える「知識詰め込み型」であった。しかし、これからの学校教育は、問題発見能力や問題解決能力といった、統合的な能力を伸ばすことが求められている。
     そのためには、「児童・生徒中心主義」に基づいて、児童・生徒が中心となって、「体験・..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。