発達心理学

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数2,175
ダウンロード数37
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1、「人間を理解する上で発達という視点が不可欠といわれる理由」
    《人間》は、この世に誕生した時から死に至るまで「発達」しつづける存在である。
    「発達」を「固体が自らを取り巻く環境との間で相互作用を繰り返すことで心身を構造し、機能の分化・統合によって、より有能に、より複雑になる過程」であるとすれば、人間は遺伝的要素のみで行動し、生涯を生きるのではなく、環境との関わりの中で日々変化していく存在だと考えられる。
    ということは、今現在存在している「個人」を理解するには、内外部からの影響により形成された個人を「発達の過程」考えていく必要がある。
    生まれてから死ぬまで、人間は生涯、幾つもの段階を経ていく。具体的に、ピアジェに代表される認知発達理論では、固体は乳児期からの環境との相互作用によって、質的に区別できる発達段階をたどり、認知機能が発達すると考えられた。各段階での認知機能は、その前後の段階とは質的に違った特徴を持ち、それは各段階における認知構造の特徴と結びついたものである。そしてその構造と機能は順次に高い状態に向かって段階的に変化するものと考えた。このように、人間発達を段階的に捉えようとする段階理論(stage theory)では、発達に方向性があると考える。
    それぞれの発達段階において人間が直面するであろう問題を研究することも人間を理解する上で重要である。また、そうすることによって、発達に関与している社会的・歴史的背景を理解することにもなる。現代における発達的問題(生殖に関する生命倫理、

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    発達心理学レポート
    1、「人間を理解する上で発達という視点が不可欠といわれる理由」
    《人間》は、この世に誕生した時から死に至るまで「発達」しつづける存在である。
    「発達」を「固体が自らを取り巻く環境との間で相互作用を繰り返すことで心身を構造し、機能の分化・統合によって、より有能に、より複雑になる過程」であるとすれば、人間は遺伝的要素のみで行動し、生涯を生きるのではなく、環境との関わりの中で日々変化していく存在だと考えられる。
    ということは、今現在存在している「個人」を理解するには、内外部からの影響により形成された個人を「発達の過程」考えていく必要がある。
    生まれてから死ぬまで、人間は生涯、幾つもの段階を経ていく。具体的に、ピアジェに代表される認知発達理論では、固体は乳児期からの環境との相互作用によって、質的に区別できる発達段階をたどり、認知機能が発達すると考えられた。各段階での認知機能は、その前後の段階とは質的に違った特徴を持ち、それは各段階における認知構造の特徴と結びついたものである。そしてその構造と機能は順次に高い状態に向かって段階的に変化するものと考えた。このように、人間発達を段..

    コメント2件

    akifa0202 購入
    参考になりました
    2007/04/29 23:33 (9年7ヶ月前)

    dinkys 購入
    参考にさせていただきました。
    2007/08/16 12:23 (9年4ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。