一対比較法

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数3,748
ダウンロード数19
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    [問題]私たちは日常生活において、他者の内面的情報をどのような観点から判断しているのだろう。蘭(1995)は「われわれは、他者の内面的情報を得る以前に外見によっ
    て第一印象を形成し、相手に対する何らかの判断を行うことができる。…そして、このとき容姿の優れた他者に対して好意や魅力を感じる顕著な傾向が存在する。」と述べている。また、蘭は「美しい人は善良である」という、一般に大人が持つステレオタイプが存在すると記述している。よって、私たちが得た外面的情報は他者を判断する上での内面的情報に大きく影響を与えているということになり、文字に関し
    ても視覚的、外面的情報による印象形成があるということが推測される。これら先行研究と仮説を実証するため今回実験を行う。
    [目的]  筆記文字の美しさ判断と、その文字によって表現された文章に対する評価との間に関係があるか否かを検討する。
    [方法] 
    刺激作成・・・本学文学部教育学科の学生55名に、過去の卒業論文要約集より一部を抜粋した文章を呈示し、これを原稿用紙に筆記させた。これらの筆記された文例から、心理学研究室の教員スタッフ3名の合議により、見かけの美しい文字から汚い文字までの範囲で8例を選択した。これを文字刺激A〜Hとする。
    予備実験・・・上記の8種の文例のコピーを用意し、2000年度、2004年度および2005年度心理学実験受講生に、いずれか1部を配布する。「入試の小論文の答案例」という想定で、論文としての構成力、論旨、説得力等を中心として10段階で評価させた。
    実験・・・2004年度、2005年度および2006年度心理学実験受講者224名に、まず実験の注意事項を口頭で説明した後、乱数表でランダムに選び出した上記文字刺激について一対ずつ正面のパネルにそれぞれ約10秒ずつ呈示して、どちらがより「上手な(きれいで読みやすい)文字か」を判断させる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    種目 一対比較法
    [問題] 私たちは日常生活において、他者の内面的情報をどのような観点から判断して
    いるのだろう。蘭(1995)は「われわれは、他者の内面的情報を得る以前に外見によっ
    て第一印象を形成し、相手に対する何らかの判断を行うことができる。…そして、こ
    のとき容姿の優れた他者に対して好意や魅力を感じる顕著な傾向が存在する。」と
    述べている。また、蘭は「美しい人は善良である」という、一般に大人が持つステレ
    オタイプが存在すると記述している。よって、私たちが得た外面的情報は他者を判
    断する上での内面的情報に大きく影響を与えているということになり、文字に関し
    ても視覚的、外面的情報による印象形成があるということが推測される。これら先
    行研究と仮説を実証するため今回実験を行う。
    [目的] 筆記文字の美しさ判断と、その文字によって表現された文章に対する評価と
    の間に関係があるか否かを検討する。
    [方法]
    刺激作成・・・本学文学部教育学科の学生55名に、過去の卒業論文要約集より一部を抜粋した文章を呈示し、これを原稿用紙に筆記させた。これらの筆記された文例から、心理学研究室の教員スタッフ3..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。