YG性格検査の信頼性

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数10
閲覧数4,182
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    [問題]心理検査を行う上で、信頼性というものが重要である。辻岡(1972)によると検査の信頼性は、「テストで測定した結果が時、又は所、人、テスト、を通じてあまり変化しない事を意味する」と述べている。このことを検証する方法の一つに《再検査信頼性》というものがある。これは、「時を変えて同じテストを二回、または数回やってみても検査結果に変わりがないか」(辻岡1972) を調べるためで、「信頼性を測定全体の誤差の部分を取り除いた真の測定部分として数学的に定義されるもの」(辻岡1972)である。
    今回は、Y-G性格検査法が時を変えても信頼性を実証できるかを検証するために実際にY-G性格検査を1ヶ月間隔をあけて測定し、その結果に変化が見られるか否かを調べる。
    [目的]同被検者に1ヶ月おいて行った2回のY-G性格検査法の結果を用いて、その信頼性について検証する。
    [方法]
    用具:<Y-G性格検査>冊子、筆記用具( 鉛筆またはボールペン)
    実施場所と被検査者:2006年度心理学実験受講者約80名が同室内にて一斉に行う。実施場所はできるだけ雑音のない環境整える。
    検査手順:まず検査についての説明を教師が行った後、被検査者の机上から筆記用具以外の物を取り除き、順に検査冊子を配布する。指示があるまで冊子は開かない。これ以降、被検査者はテープの指示に従い、裏面の記入事項に記入し、練習問題を行った後、本問題に解答する。
    問題は一定の速度で全てガイドテープにて読み上げられる。全ての問題が終わったら被
    検査者は速やかに検査冊子を閉じ、教師の指示に従う。
    結果の整理方法:
    素点の算出
    用紙の糊付けをはがすと、解答欄の裏面にカーボンで採点すべき箇所に○や▽がついているので、○は2点、▽は1点、●や▼がついた回答は採点せずに、各尺度についての素点を求める。素点は素点欄に記入する。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    [種目]Y-G性格検査の信頼性
    [問題] 心理検査を行う上で、信頼性というものが重要である。辻岡(1972)によると検査の信頼性は、「テストで測定した結果が時、又は所、人、テスト、を通じてあまり変化しない事を意味する」と述べている。このことを検証する方法の一つに《再検査信頼性》というものがある。これは、「時を変えて同じテストを二回、または数回やってみても検査結果に変わりがないか」(辻岡1972) を調べるためで、「信頼性を測定全体の誤差の部分を取り除いた真の測定部分として数学的に定義されるもの」(辻岡1972)である。
    今回は、Y-G性格検査法が時を変えても信頼性を実証できるかを検証するために実際にY-G性格検査を1ヶ月間隔をあけて測定し、その結果に変化が見られるか否かを調べる。
    [目的] 同被検者に1ヶ月おいて行った2回のY-G性格検査法の結果を用いて、その信頼性について検証する。
    [方法]
    用具:<Y-G性格検査>冊子、筆記用具( 鉛筆またはボールペン)
    実施場所と被検査者:2006年度心理学実験受講者約80名が同室内にて一斉に行う。実施場所はできるだけ雑音のない環境を整える。
    ..

    コメント1件

    04gs105 購入
    ページ数は多いがデータが多いためで、少し期待はずれ。
    2007/03/20 16:41 (9年8ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。