精神療法及び環境・社会療法について述べよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数1,179
ダウンロード数30
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    「精神療法及び環境・社会療法について述べよ」
     
    はじめに
     精神療法とは、専門的な知識と技術を持った治療者が、患者のもつ心理的困難を治療者と患者の間で展開する職業的関係を通して改善していく接近法である。その接近には、患者を情緒的に支えたり、教育的に接したり、患者の洞察を求めたりする方法がある。  その目的は、①症状による苦痛、不安、葛藤、そのためのハンディキャップ、さらには行動の障害パターンに介入してその解消、軽減、修正をはかること、②家庭や社会などの生活現場の適応法の改善、適応能力の向上、③人格の成熟、精神内界の不安や罪意識の解消のための自己洞察の3つに区分される
    精神医学における治療は、身体医療、精神医療、及び環境・社会医療の三つに大別される。このうち身体医療は、薬物治療や電気ショック療法などといった医師のみを行う事ができる身体医学的手法によるものである。精神療法及び環境・社会療法は、医師以外にも行う事のできる人文科学的手法によるものである。
     これらの治療法は心理療法や福祉的な援助を行い、症状の軽減や患者自身の潜在的な問題解決能力を引き出し患者自身が独力で社会復帰をできるように手助けするものである。
    以下に精神療法及び環境・社会療法について述べる。
    精神療法
     精神療法とは、専門的な知識と技術を持った治療者が、患者のもつ心理的困難を治療者と患者の間で展開する職業的関係を通して改善していく接近法である。現在は次の挙げるような精神療法が行われている。
    (1) 精神分析的精神療法
     精神分析はフロイトによって創始された精神療法であり、神経症の病因と治療法に関する理論、ならびにそれに基づく精神構造一般についての理論体系を精神分析という。
     精神分析は、種に神経症の患者を対象として週に4日以上患者を寝椅子に座らせて自由に連想を書き溜めて患者の心を分析していく。     適応症を人格障害や気分障害などに広げ、週に2 -3回で、寝椅子を使わない対面法を用いした柔軟な方法での面接で精神を分析していく方法を精神分析的精神療法というのである。
    (2)認知療法
     認知療法とは、人間の情緒が認知のあり方によって大きく影響を受けることから、極端な認知を修正することによって問題に対処し情緒状態を変化させることを目的とした短期の精神療法である。
     治療では、問題の生じる歪んだ認知に気づかされ、宿題が与えられ、ストレス状況で同考えたかを記録し、そのときの悲観的な認知を助長するような無意識の前提を突き止めようとすることである。
    (3)行動療法
     神経症などの不適応行動は誤った学習の産物であり、治療は学習理論の原理に基づき、その不適応行動を除去し、望ましい行動を条件付けるものである。不適応行動は、そのもととなる原因を洞察しなくても変化すると考えられている。
    行動療法は、範囲の限定した行動異常、例えば恐怖症、強迫神経症、大食症、喫煙などに有効である。
    (4)森田療法
     1920年頃に森田正馬が創始した治療技法で、森田神経質などの神経性障害の患者に用いられる。森田療法は、完全を求めるがために小さな事にこだわって余計に悪くなるという悪循環を断ち切るために、あるがままに症状を受け止めて行うべき事をできる範囲で行っていくというのが根底原理である。
    また、優れた治療法として世界に普及しつつあるだけではなく、いわゆる健常社の生き方にも参考になりうるものである。
    (5)集団精神療法
     集団場面で行う精神療法の総称で、精神分析療法、認知療法、行動療法などさまざまな精神療法の立場から行う事がで

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「精神療法及び環境・社会療法について述べよ」
     
    はじめに
     精神療法とは、専門的な知識と技術を持った治療者が、患者のもつ心理的困難を治療者と患者の間で展開する職業的関係を通して改善していく接近法である。その接近には、患者を情緒的に支えたり、教育的に接したり、患者の洞察を求めたりする方法がある。  その目的は、①症状による苦痛、不安、葛藤、そのためのハンディキャップ、さらには行動の障害パターンに介入してその解消、軽減、修正をはかること、②家庭や社会などの生活現場の適応法の改善、適応能力の向上、③人格の成熟、精神内界の不安や罪意識の解消のための自己洞察の3つに区分される
    精神医学における治療は、身体医療、精神医療、及び環境・社会医療の三つに大別される。このうち身体医療は、薬物治療や電気ショック療法などといった医師のみを行う事ができる身体医学的手法によるものである。精神療法及び環境・社会療法は、医師以外にも行う事のできる人文科学的手法によるものである。
     これらの治療法は心理療法や福祉的な援助を行い、症状の軽減や患者自身の潜在的な問題解決能力を引き出し患者自身が独力で社会復帰をできるように..

    コメント2件

    hiyoshi226 購入
    とても参考になりました
    2007/05/03 12:28 (9年7ヶ月前)

    2012ring 購入
    参考になりました。
    2007/05/29 16:33 (9年6ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。