テキストマイニングを用いたYahooニュース意識調査の内容分析

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数10
閲覧数280
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    テキストマイニングを用いたYahooニュース意識調査の内容分析
    首都高速の新しい料金案についての賛否
    目的
    来年の秋から、首都高速の料金が東京都内で一律700円(普通車・昼間)だった区間がETC利用の場合は距離別で400~1200円、現金の場合は、一律1200円になる。ETCを利用すれば、値下げという利点もある。ETCでも、短距離では300円の値下げだが、長距離になると500円の値上げとなる。また現金の場合一律1200円で従来から500円の値上げ、短距離ではETCの3倍の料金を支払うことになる。これは実質的な値上げであると考えられる。しかし、首都高速では慢性的な渋滞で、ETCを導入するもなかなか普及していない。この新しい料金案により、ETCが普及し渋滞が解消されることも考えられる。また料金の値上げにより、利用者が減り、渋滞が緩和される可能性もある。利用者にとっては、メリットもデメリットもあるが、一般の意識調査では賛成なのか、反対なのか、どういった点が支持されているのか、反対されているのか調査した。賛成意見では、「渋滞緩和」、反対意見では、「値上げ」という点でコメントに差が出ると予想した..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。