徳川時代の政治思想を学ぶ意義

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数541
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1.徳川時代の政治思想を学ぶ意義
    過去を学ぶことは、ただその事象を把握しようとすることにとどまらず、そこから何らかの問題を読み取り、我々の生きる今、そして未来に生かそうとすることを、備えるべきである。過去と現在は必ずしも直接的影響を持つものではないが、C.W.ミルズが
    もしわれわれが現代社会の構造における動態的変化を理解しようとするならば、変化の長期的展開を確認したうえでいかなるメカニズムの中でその展開動向がひきおこされ、社会構造が変化していくのかを問題としなければならない。そのような問題提起の中で動向分析に対するわれわれの関心は〔…〕ある時代から次の時代への歴史的変動、いわば時代の構造の解明に向かって焦点付けられるのである。(1)
    と述べていることもまたその通りであろう。
    丸山真男は1948年当時、徳川時代の政治思想を学ぶ目的を以下のようなものとした。
    我々は、封建的なるものを、我々の身辺の至る所に、否、我々自身の中にさえ巣食っているものとして持っている。しかも、その克服掃蕩を課題とするとともに、同時に市民社会を止揚することをも課題としなければならない。(2)
    私の考えも基本線はこれと軌を一とするものである。市民社会の止揚は、我々が社会を形成する限り、永遠に追求すべきものであり、その重要性は私も深く認識する。しかしながら、丸山が意図した封建的なるものが具体的にいかなるものか曖昧なままであるものの、現在日常生活において封建を感じることはない。一方で現在も感じることは、徳川時代、政治に限らず、社会に思想に、正統的に支配的なイデオロギーであった儒教の影響である

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1.徳川時代の政治思想を学ぶ意義
    過去を学ぶことは、ただその事象を把握しようとすることにとどまらず、そこから何らかの問題を読み取り、我々の生きる今、そして未来に生かそうとすることを、備えるべきである。過去と現在は必ずしも直接的影響を持つものではないが、C.W.ミルズが
    もしわれわれが現代社会の構造における動態的変化を理解しようとするならば、変化の長期的展開を確認したうえでいかなるメカニズムの中でその展開動向がひきおこされ、社会構造が変化していくのかを問題としなければならない。そのような問題提起の中で動向分析に対するわれわれの関心は〔…〕ある時代から次の時代への歴史的変動、いわば時代の構造の解明に向かって焦点付けられるのである。(1)
    と述べていることもまたその通りであろう。
    丸山真男は1948年当時、徳川時代の政治思想を学ぶ目的を以下のようなものとした。
    我々は、封建的なるものを、我々の身辺の至る所に、否、我々自身の中にさえ巣食っているものとして持っている。しかも、その克服掃蕩を課題とするとともに、同時に市民社会を止揚することをも課題としなければならない。(2)
     私の考えも基本線はこ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。