介護保険制度の現状

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,047
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    はじめに
    2004年に介護保険制度が施行されたことで介護保険施設の役割分担が明確でなくなったと言われている。現在、介護保険施設には、介護老人福祉施設、介護老人保健施設、介護療養型医療施設の三つがあるが、機能的にはあまり差はない。最終的には一体化を目指すべきだと言われているが、果たしてこれは正しいのだろうか。介護保険制度を施設して、日本の介護の事態はうまくいっていないと思う。介護保険の現状などを調べる上で、問題の原因と解決策を考える。
    介護保険とは・・
    介護保険は40歳から保険料の支払いが始まる。医療保険料に介護保険料を上乗せする形式を採用している。被保険者は2種類に分かれ、1号被保険者(65歳以上の全人口)と2号被保険者(40〜64歳の医療保険加入者)に分けられる。1号被保険者の場合は、要介護状態にあれば、その原因に関わらず給付を受けることができるが、2号被保険者は、「特定疾病」によって、要介護状態になった場合に限られる。介護保険は原則「現金給付」となっている。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    介護保険制度の現状
    はじめに
    2004年に介護保険制度が施行されたことで介護保険施設の役割分担が明確でなくなったと言われている。現在、介護保険施設には、介護老人福祉施設、介護老人保健施設、介護療養型医療施設の三つがあるが、機能的にはあまり差はない。最終的には一体化を目指すべきだと言われているが、果たしてこれは正しいのだろうか。介護保険制度を施設して、日本の介護の事態はうまくいっていないと思う。介護保険の現状などを調べる上で、問題の原因と解決策を考える。
    介護保険とは・・
    介護保険は40歳から保険料の支払いが始まる。医療保険料に介護保険料を上乗せする形式を採用している。被保険者は2種類に分かれ、1号被保険者(65歳以上の全人口)と2号被保険者(40~64歳の医療保険加入者)に分けられる。1号被保険者の場合は、要介護状態にあれば、その原因に関わらず給付を受けることができるが、2号被保険者は、「特定疾病」によって、要介護状態になった場合に限られる。介護保険は原則「現金給付」となっている。介護サービスを受けたときに被保険者は、全額を支払い、その後、保険者が被保険者に対して費用を支給する。医療保..

    コメント1件

    wakabadai 購入
    参考になりました
    2006/09/28 3:47 (10年2ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。