無機定性分析グル−プA

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,075
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ・目的
    Ag、Pbの性質、検出法の理解
    各反応の原理の理解

    ・方法
    1.Ag、Pbを含む溶液に、6M-HClを沈殿が生じなくなるまで加える。
    2.1で生じた白色沈殿を濾過によって分離する。今回はろ液は不要。
    3.ろ紙を漏斗にのせたまま、熱湯を注ぐ。・・・

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    無機定性分析 グル-プA(Ag+、Pb2+)
    目的
    Ag、Pbの性質、検出法の理解
    各反応の原理の理解
    ・方法
    Ag、Pbを含む溶液に、6M-HClを沈殿が生じなくなるまで加える。
    1で生じた白色沈殿を濾過によって分離する。今回はろ液は不要。
    ろ紙を漏斗にのせたまま、熱湯を注ぐ。
    AgClは冷水にも熱湯にもほとんど不溶だが、PbCl2のみは熱湯にかなりよく溶けるため、この性質を利用する。
    ろ液はPb2+を含む。
    ろ液を三つに分ける。それぞれに
    a)3M-K2CrO4  b)6M-H2SO4  c)3M-KI
    を加えて、Pb2+の存在を確認する。
    3の残渣を熱湯でろ液がPb2+の反応を示さなくな..

    コメント1件

    mirrorage 購入
    もっと詳しく調べていてほしいなぁ
    2007/01/05 0:30 (9年11ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。