28元風俗嬢の憤激(刑法事例演習教材)

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数432
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    刑法事例演習教材
    28 元風俗嬢の憤激
     甲の罪責
    構成要件該当性について
     甲は、包丁で、Aの右腰部 を、力を込めずに1回軽く突き刺し、同人に刺傷を与えた(第1行為)。この行為は、危険な刃物で、被害者の体幹を刺すものであるが、女性の力で軽く1回だけ刺すものであって、被害者を死亡させる危険性は認められない 。また、甲には、Aを殺害する意思まではなかったと考えられる。
    したがって、第1行為は、傷害罪の構成要件に該当する(204条)。
     次に、甲は、包丁で、Aの腹部を力まかせに3回突き刺し、内臓に達する刺創を与えた(第2行為 )。この行為は、刃体の長さ約15.5センチメートルの危険な刃物を用いて、被害者の体幹部を深く傷害するものであり、被害者を死亡させる危険性が認められる。そして、甲は、その危険な凶器を用いて、Aの腹部を力まかせに3回も突き刺しており、重傷を負ったAをそのままにして、現場を立ち去っている。このことから、甲は、Aが死亡する結果を認識・認容していたと考えられ、殺意 が認められる。
    そして、第2行為によって、Aは、致命傷となりうる重傷を負い死亡したことから、第2行為とAの死亡結..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。