10偽装事故の悲劇(刑法事例演習教材)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数491
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    答案を作成しました。コメント付き。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    刑法事例演習教材
    10 偽装事故の悲劇
     甲の罪責
     甲は、自車をAの自動車の後部に追突させ、Aに傷害を負わせ、Aは死亡した。この行為によって、甲には、傷害致死罪 が成立するのではないか(205条)。
     甲は、Aの依頼に応じて自車をAの自動車に追突させた。そのため、この行為について、Aの同意があるため、違法性が阻却され、故意が認められないのではないか、問題となる。
    確かに、傷害について被害者が同意 した場合には、法益が放棄されるため、違法性が否定されると考えられる。しかし、その同意が、違法な目的のためにされたものである場合には、その同意自体が違法であり、傷害行為の違法性を阻却しない。
    本件では、Aの同意は、保険金詐取という違法な目的のためにされている。したがって、Aの同意により、甲の傷害行為の違法性は阻却されない。
    よって、甲には、傷害行為について故意があったといえる。
     では、甲は、Aの自動車の後部に追突した行為によって、Aの死亡結果まで責任を負うか。甲がAに直接に負わせた傷害は、頸椎捻挫のみであって、Aが死亡するまでには、乙が自車をAの自動車に衝突させた行為と、Aが安静にせず暴..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。