ピューリタン文学について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数530
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    そもそも、ピューリタン(Puritan)は、イギリス国教会の改革を唱えたキリスト教のプロテスタントの大きなグループであり、清潔、潔白などを表すPurityに由来する。市民革命の担い手となった彼らであるが、祖国での弾圧を逃れ、1620年、メイフラワー号に乗りアメリカに移住した。
    アメリカ文学の基礎となるピューリタン時代とはどのようなものであったのだろうか。当時、偶然ということは起りえず、万事に神意が作用しているとして、人々は些細なことにも神意を探った。
    ウォード牧師は「アメリカのアガワムに住む質素な靴直し」と自分を称して、イギリスを修繕することに熱意を示した。彼の誠実な修繕ぶりが認められ、イギリス下院での説教にも招待された。 また、最も厳格な牧師であったコットンは、多くの説教をし、著述も多作であった、彼は「キリスト教徒の使命」についての説教でピューリタンの倫理体系を要約している。他にも、「ニューイングランドにおけるキリスト教会の道」や「天国の鍵」などの優れたものがある。
    これらと並んではシェパード牧師の「真面目な改教者」という説教集や、リチャード・マザーの「教会行政と信仰盟約論」などが評判もよく、当時の代表的なものと考えられている。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

      そもそも、ピューリタン(Puritan)は、イギリス国教会の改革を唱えた キリスト教 の プロテスタント の大きなグループ であり、清潔、潔白などを表すPurityに由来する。市民革命 の担い手となった彼らであるが、祖国での弾圧を逃れ、 1620年 、 メイフラワー号 に乗り アメリカ に移住した。
    アメリカ文学の基礎となるピューリタン時代とはどのようなものであったのだろうか。当時、偶然ということは起りえず、万事に神意が作用しているとして、人々は些細なことにも神意を探った。
    ウォード牧師は「アメリカのアガワムに住む質素な靴直し」と自分を称して、イギリスを修繕することに熱意を示した。彼の誠実な修繕ぶりが認められ、イギリス下院での説教にも招待された。 また、最も厳格な牧師であったコットンは、多くの説教をし、著述も多作であった、彼は「キリスト教徒の使命」についての説教でピューリタンの倫理体系を要約している。他にも、「ニューイングランドにおけるキリスト教会の道」や「天国の鍵」などの優れたものがある。 これらと並んではシェパード牧師の「真面目な改教者」という説教集や、リチャード・マザーの「教..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。