不登校児童への家庭訪問ボランティア

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数496
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     不登校対策事業にメンタルフレンドというものがある。カウンセラーの指導と助言の下で学生ボランティアが不登校などの子供の家庭を訪ねる活動だ。メンタルフレンド活動は厚生省や地方教育委員会によって、ひきこもる子供たちの増加に歯止めをかけるために導入、推進されてきた。最近の子供たちを取り巻く状況は非社会的問題にとどまらず、少年犯罪の低年齢化や凶悪化といった反社会的な攻撃性の噴出というかたちでも益々深刻になってきている。
     今の社会に欠けている人間関係の側面として、人が人を「分かる」という母性的機能が上げられる。少子化が進み大人から一人の子供に向けられる眼差しが過剰になり、大人からの愛情は過剰統制されている。こうして「分かってもらう」という基本的母性に飢えた子供たちが続々と学齢期を迎え、不登校などを起こす事になる。
     メンタルフレンドが子供たちにできる大きな仕事は、家庭や学校など社会に広く欠損してきている母性的人間関係のコミュニケーションを実践して子供たちに提供できる事である。自分を理解してもらい、肯定される事で子供たちは自信や前向きな心を取り戻す。
    子供たちの内面を正しく察する機能が社会にかけ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。