ピューリタン革命について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,118
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ピューリタン革命について
    ・エリザベスの宗教政策——神学的には穏健なカルヴァン派を採用したが、礼拝様式と教会制度については全て容認し、バランスを保っていた。
    ジェームズ一世 
    「同君連合」――イングランドでは、1603年、エリザベス1世が未婚のまま没し、テューダー朝の血統が絶える。そのため同年、スコットランド王ジェームズ6世がイギリス王として迎えられ、スチュアート朝が開かれた。
    ・ピューリタンとは?
    ⅰ聖書の信仰に立ち返り教会を「清める」必要を強調した。
     ・国教会が保持していた礼拝の伝統的な要素に反対した。
    ⅱ聖書の戒めに従い贅沢や虚飾のない生活、禁欲や勤勉を説いた。
    ・主日には礼拝と慈善を行うべき/国教会の聖職者の酒酔いを批判/演劇を含む不道徳 
     なこと全てに批判的
     ・司教制/監督制に反対
      教会は教理だけでなく、組織と政治に関しても聖書を規範としていなければならない。
      監督制が善であっても、「神の権限」ではなく、真の聖書的教会は新約時代のように
      「プレスビュテロス」長老によって治められるべき。
    ・ピューリタンと国教会の緊張
      カンタベリー大司教リチャード・バンクロフトが監督制は神に定められたものとする教 
      会法を承認し、成立。→カトリック主義を再導入し、ピューリタンを攻撃するもの。
    ・ハンプトン宮殿での会議――ピューリタン議員による教会法への講議
     「君主制と長老制との間には、神と悪魔の間ほどのつながりもない」
     →調停の試みは失敗に終わる。これ以降保守的な司教と下院との対立が深まる。
     *唯一の成果−欽定訳聖書(King James Version)
    ・1605火薬陰謀事件 カトリック教徒に対する抑圧的法案に反発し、王とピューリタン議員を
     議会の間に暗殺しようと計画するが、発覚。首謀者以外にも加担した証拠のない多くの
     カトリック教徒が処刑、投獄された。
    ・チャールズ一世と議会
    議会:王権神授説を支持するモンタギューを、議会に敵対的な書物を刊行しため、裁判にかける
    王;チャールズはモンタギューを私的チャプレンに任命して保護し、議会の権限が及ばないようにする
    議会;「権利の請願」Petition of Rightを提出。議会や法に課税、基かない逮捕、投獄をやめるよう要求
    王;チャ−ルズは議会を解散させ、以後11年間、専制政治をおこなった。
    ・「ロード=ストラフォード体制」・・・ピューリタン主義に強く反対するロードやストラフォード伯を重用する。――国教会と国家の結びつきが緊密になる。
    ・ウィリアム・ロードがカンタベリー大司教に任命され、更にチャールズは、スコットランドでの全権を彼に与える。ロードは国境かの典礼をスコットランドの教会に強制しようと したために、暴動、反乱に発展する。スコットランド教会総会は国王の命令を拒否し、スコットランド教会が長老制に基づくことを承認し、監督制を廃止することで対抗した。
    ・短期議会――戦争が避けられないものとなり、チャールズは戦費調達のため、議会を召集する。しかし議会は課税を拒否した上、国王を強く避難したため、3週間でただちに解散した。
    ・長期議会
    ・スコットランド軍はイングランド領地内に侵入し、王は再び議会を召集せざるを得なくなる。
    チャールズ国王 主な支持者――貴族院議員でもある司教
    ↑         ・下院は彼らを告訴し、彼らが議会に出席しようとすると暴動を起こした。
    ↑        ⇒ラディカルな行動がピューリタンへの反動を引き起こし、貴族院は秩序を回↑         復すべ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ピューリタン革命について
    ・エリザベスの宗教政策——神学的には穏健なカルヴァン派を採用したが、礼拝様式と教会制度については全て容認し、バランスを保っていた。
    ジェームズ一世 
    「同君連合」――イングランドでは、1603年、エリザベス1世が未婚のまま没し、テューダー朝の血統が絶える。そのため同年、スコットランド王ジェームズ6世がイギリス王として迎えられ、スチュアート朝が開かれた。
    ・ピューリタンとは?
    ⅰ聖書の信仰に立ち返り教会を「清める」必要を強調した。
     ・国教会が保持していた礼拝の伝統的な要素に反対した。
    ⅱ聖書の戒めに従い贅沢や虚飾のない生活、禁欲や勤勉を説いた。
    ・主日には礼拝と慈善を行うべき/国教会の聖職者の酒酔いを批判/演劇を含む不道徳 
     なこと全てに批判的
     ・司教制/監督制に反対
      教会は教理だけでなく、組織と政治に関しても聖書を規範としていなければならない。
      監督制が善であっても、「神の権限」ではなく、真の聖書的教会は新約時代のように
      「プレスビュテロス」長老によって治められるべき。
    ・ピューリタンと国教会の緊張
      カンタベリー大司教リチャード・バンクロ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。