担保物権法における連帯保証、連帯保証債務、保証債務の比較

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数549
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    【連帯債務の意義と機能】
    複数の債務者が同一の給付について、独立に債権者に対して全額給付をする債務を負い、債務者のうち1人が弁済すれば、他の者も債務を免れるという多数当事者の債務を連帯債務〔民432〕という。連帯債務は債権担保の機能を果たす。
    【比較】
    連帯保証・保証債務と同様に人的担保としての役割を担う。しかしながら、連帯債務者それぞれが独自の債務を負う点において連帯保証・保証債務とは異なる。
    連帯債務は,給付が分割可能であるにもかかわらず,債務者各人が全部を給付する義務を負うものであるが、

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【連帯債務の意義と機能】
    複数の債務者が同一の給付について、独立に債権者に対して全額給付をする債務を負い、債務者のうち1人が弁済すれば、他の者も債務を免れるという多数当事者の債務を連帯債務〔民432〕という。連帯債務は債権担保の機能を果たす。
    【比較】
    連帯保証・保証債務と同様に人的担保としての役割を担う。しかしながら、連帯債務者それぞれが独自の債務を負う点において連帯保証・保証債務とは異なる。
    連帯債務は,給付が分割可能であるにもかかわらず,債務者各人が全部を給付する義務を負うものであるが、現在は意思表示による不可分が認められているため、債権担保点において不可分債務と近似の性質を持つと言える..

    コメント1件

    keiouniv 購入
    試験頻出テーマで読む価値有ります。
    2007/02/25 14:32 (9年9ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。