【まとめ】国際私法百選72事件(相続財産の管理)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数281
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    《相続財産の管理》
    ?事実の概要
    S17頃、A男(イラン国籍、独身)が来日。以降、貿易商を営む。
    S28、A男とX女(日本国籍、医師?)は共同で都内土地を購入するが、A男の単独登記。
    S30、A男とX女は共同で当該土地に建物を建築(診療所兼住居/店舗)するが、A男の単独登記。
    S32、A男(売主)とX女(買主)に売買契約締結(土地建物の持分ならびに建物内動産)。
    S40、X女は代金支払を完了したが、A男による所有権移転登記未了。
    S41、日本にてA男死亡。妻子はないが、他に相続人があるか不分明。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    《相続財産の管理》
    事実の概要
    S17頃、A男(イラン国籍、独身)が来日。以降、貿易商を営む。
    S28、A男とX女(日本国籍、医師?)は共同で都内土地を購入するが、A男の単独登記。
    S30、A男とX女は共同で当該土地に建物を建築(診療所兼住居/店舗)するが、A男の単独登記。
    S32、A男(売主)とX女(買主)に売買契約締結(土地建物の持分ならびに建物内動産)。
    S40、X女は代金支払を完了したが、A男による所有権移転登記未了。
    S41、日本にてA男死亡。妻子はないが、他に相続人があるか不分明。
    以上によりX女が清算を求めて、Aの相続財産の管理人の選任を求めたものである。
    争点
    相続人の不明から..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。