【まとめ】渉外百選67事件(内縁の解消)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数281
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    ?Y男(韓国籍・日本在住)はA女(日本在住)と婚約し、通い婚類似の関係を築いていた。
    ?Y男はX女(韓国籍・日本在住)と婚姻を届け出ないまま結婚式をし、内縁関係を築いた(S26.12)
    ?Y男はA女宅に入り浸るようになった(S28.10)。
    ?Y男はX女宅にA女を連れて来、X女に同居を迫った。同居を断ると、X女と別れることになっても、A女とは別れない旨明言した(S29.5)
    ?X女・Y男間の交渉では解決しなかった。
    ?X女が不法行為を理由と・・・

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    事実の概要
    Y男(韓国籍・日本在住)はA女(日本在住)と婚約し、通い婚類似の関係を築いていた。
    Y男はX女(韓国籍・日本在住)と婚姻を届け出ないまま結婚式をし、内縁関係を築いた(S26.12)
    Y男はA女宅に入り浸るようになった(S28.10)。
    Y男はX女宅にA女を連れて来、X女に同居を迫った。同居を断ると、X女と別れることになっても、A女とは別れない旨明言した(S29.5)
    X女・Y男間の交渉では解決しなかった。
    X女が不法行為を理由として内縁破棄による慰謝料を請求した。
    一審、X女の請求を認容。Y男がこれを不服とし控訴するも大阪高裁はX女の請求を認容。そこでY男がこれを不服とし、上告した..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。