情状弁護の事例について(鬱病罹患者、肝炎罹患者)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数635
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    被疑者・被告人の9割以上が自白し、事実を争わない日本の刑事裁判の現実のもとでは、殆どの事件では、刑事弁護の中心的テーマは情状立証と量刑をめぐる問題になる。捜査弁護においても、起訴猶予を得るための情状について、検察官との交渉が重要な問題となることが多い。
    各事例において、訴因・冒頭陳述を含む客観的・外形的事実関係について争いがないことを前提とすると、弁護人としては、情状弁護をするに際し、どのような点に焦点を当てたら良いだろうか。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    被疑者・被告人の9割以上が自白し、事実を争わない日本の刑事裁判の現実のもとでは、殆どの事件では、刑事弁護の中心的テーマは情状立証と量刑をめぐる問題になる。捜査弁護においても、起訴猶予を得るための情状について、検察官との交渉が重要な問題となることが多い。 各事例において、訴因・冒頭陳述を含む客観的・外形的事実関係について争いがないことを前提とすると、弁護人としては、情状弁護をするに際し、どのような点に焦点を当てたら良いだろうか。  考えられる情状弁護のポイントを指摘し、その為にはどのような弁護活動をし、どのような証拠を収集したら良いか、検討せよ。
    鬱病罹患の被告人による窃盗事件
    被告人である女..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。