不起訴を目指す弁護(不誠実な依頼人)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数269
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    下記の事例について、被疑者の弁護人として、不起訴をめざし、(1)被疑者にはどのような助言をすべきか、(2)更に被疑者からどのような事情を聴取する必要があるか、(3)どのような調査をする必要があるか、(4)何らかの法的申立の必要があるか、(5)示談についてはどう考えるべきか、(5)その他なすべき弁護活動を検討せよ。
    <事例>
    住良会系暴力団・峯一家組員・牛木は、覚せい剤の売人であった。昨日、組事務所のある地域を所轄する高砂警察署の小村刑事から、「お前に逮捕状が出た。シャブだ。分かってるな。明後日までに出頭しろ。」と連絡を受けた。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    下記の事例について、被疑者の弁護人として、不起訴をめざし、(1)被疑者にはどのような助言をすべきか、(2)更に被疑者からどのような事情を聴取する必要があるか、(3)どのような調査をする必要があるか、(4)何らかの法的申立の必要があるか、(5)示談についてはどう考えるべきか、(5)その他なすべき弁護活動を検討せよ。
    <事例>   住良会系暴力団・峯一家組員・牛木は、覚せい剤の売人であった。昨日、組事務所のある地域を所轄する高砂警察署の小村刑事から、「お前に逮捕状が出た。シャブだ。分かってるな。明後日までに出頭しろ。」と連絡を受けた。 牛木は、以前に、やはり覚せい剤の件で、世話になった船波弁護士..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。