最終弁論(要旨)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数2,815
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「起訴状、冒頭陳述要旨、証人尋問調書、被告人供述調書、論告要旨」を検討して、「無罪」主張をしている被告人の弁護人として、弁論要旨の「アウトライン・構成」を作成せよ。その際、被告人の主張を根拠づけるには、どのような間接事実を摘示し、主張を構成すれば良いかに意を用いよ。
    最終弁論(要旨)
    (1)はじめに、被告の自白調書について
    偽計を用いて得た被告の自白調書の証拠能力は、否定されるものである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「起訴状、冒頭陳述要旨、証人尋問調書、被告人供述調書、論告要旨」を検討して、「無罪」主張をしている被告人の弁護人として、弁論要旨の「アウトライン・構成」を作成せよ。その際、被告人の主張を根拠づけるには、どのような間接事実を摘示し、主張を構成すれば良いかに意を用いよ。
    最終弁論(要旨)
    はじめに、被告の自白調書について
    偽計を用いて得た被告の自白調書の証拠能力は、否定されるものである。
    このことは判例からも明らかである。→最大判S45.11.25(切り違え尋問事件)
    当該判決は、「捜査手続といえども、憲法の保障下にある刑事手続の一環である以上、刑訴法一条所定の精神に則り、公共の福祉の維持と個人..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。