経済システム分析

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数885
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    設題 現代世界システムの成立について説明しなさい。

    1. 現代世界システムの18の主要因
     現在世界システムには、基本要因となる9つと、問題要因となる5つと、問題解決要因となる4つが存在する。
     基本要因は、①人類によるシステムと情報の共有、②大都市の発展、③大領生産・大量輸送・大量販売、④ハイテク化、⑤貿易拡大、⑥生活の質的向上とサービス経済化、⑦世界インフラの整備(輸送と伝送のネットワークおよびシステム)、⑧標準化・モジュール化・共有化、⑨国際協力とバーチャルオーガニゼーションの発展、の九つから成っている。
     問題要因は、①国家間・民族間・宗教間の対立、②犯罪(テロを含む)、③自然破壊、④貧困、⑤人口爆発、の五つである。
     問題解決要因は、①軍縮、②民営化、大きな政府から小さな政府への転換、③社会保障制度充実、④外国人・外国企業受け入れ(多民族共存)、の四つである。
     これら18の主要因が現代世界システムの大きな基盤となっているのである。
     大都市の発展は、高層建築・地下利用、電力化、生鮮食料の安定供給、加工食品、エアコン・エレベータ・エスカレータなどのハイテク化によってもたらされ、世界都市化と国際化を促進させている。大量生産・大量輸送・大量販売は、貿易拡大、国際化、標準化・モジュール化・共有化を促進させている。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    経済システム分析
    設題 現代世界システムの成立について説明しなさい。
    現代世界システムの18の主要因
     現在世界システムには、基本要因となる9つと、問題要因となる5つと、問題解決要因となる4つが存在する。
     基本要因は、①人類によるシステムと情報の共有、②大都市の発展、③大領生産・大量輸送・大量販売、④ハイテク化、⑤貿易拡大、⑥生活の質的向上とサービス経済化、⑦世界インフラの整備(輸送と伝送のネットワークおよびシステム)、⑧標準化・モジュール化・共有化、⑨国際協力とバーチャルオーガニゼーションの発展、の九つから成っている。
     問題要因は、①国家間・民族間・宗教間の対立、②犯罪(テロを含む)、③自然破壊、④貧困、⑤人口爆発、の五つである。
     問題解決要因は、①軍縮、②民営化、大きな政府から小さな政府への転換、③社会保障制度充実、④外国人・外国企業受け入れ(多民族共存)、の四つである。
     これら18の主要因が現代世界システムの大きな基盤となっているのである。
     大都市の発展は、高層建築・地下利用、電力化、生鮮食料の安定供給、加工食品、エアコン・エレベータ・エスカレータなどのハイテク化によっ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。