これからの社会貢献活動とは

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数11
閲覧数1,639
ダウンロード数16
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    イントロダクション
     新潟中越地震やインド洋大津波で、大企業がどれだけ支援したのが話題になった。そんな、企業の社会貢献活動は現在、企業の社会的責任(CSR)の発展と共に、その一項目として語られることも多い。実際に社会貢献活動の方針を決めている会社は82%で、活動内容を一般に広く公開しているのは84%にまでのぼる。
    しかし、企業は株主のものである。短期的な利益の最大化を求める株主からすれば、大事な利益を社会のために使うなど、ばかばかしい話しだと思われる面もある。わざわざキャッシュアウトせずとも、雇用や納税を通じて立派に社会に貢献している。すなわち社会貢献活動は無駄であるという考え方もある。こんな発想はしかし、もう時代錯誤ではないか。理念と行動次第では、本業を豊かにする種まきにもなる。それこそが投資というものである。
    利益しか考えないで走る企業はいずれ滅びる。このことを、日本企業は1980年代から国際化する過程ですでに学んでいる。
    海外に生産拠点を構えたなら、地域コミュニティに受け入れてもらえなければどうにもならない。「企業市民」という精神はすぐに日本に持ち帰られた。日本経済団体連合会が、経常利益の1%を社会国研に当てようと「1%クラブ」を設立したのは90年のことである。ちょうどそのときに、メセナ(芸術文化支授)も活発になった。
    そんな矢先、バブル崩壊によって、日本企業は寄付金の拠出から知恵を絞り、汗をかく活動へ軸足を移してきた。95年の阪神・淡路大震災も、企業の社会貢献を見直すきっかけとなった。現在では、重点分野をしっかり決めて知恵と工夫をこらした貢献をする企業が増えている。
    そこで、先程述べた、昨今のCSRブームである。特に、最近は三菱自動車や西武鉄道などの不祥事が相次いだこともあり、各社、法令順守や企業倫理の構築などに懸命だ。社会貢献活動も、CSRの一環として再び注目を集めているのである。
    では、CSRとフィランソロピーとでは何が違うのか。いわば、企業メセナやフィランソロピーは、強すぎる日本企業への「儲けすぎ批判」に呼応する形で出てきたものである。CSRの社会貢献活動の側面だけを切り取れば、CSRはフィランソロピーと大差ないのだが、活動に取り組む理念が大きく異なる。
    すなわち、フィランソロピーでは、社会貢献そのものが目的なのに対し、CSRでは社会の一構成員としての意識を持って、ほかの責任達成やさまざまなステークホルダーとの兼ね合いを考慮しながら、長期的な企業価値の維持・向上を図るための行動のひとつとして社会貢献活動が位置づけられている。
    このように、近年、社会貢献と本業のビジネスの距離はかつてないほど近づいている。よって、貢献指数の高い企業が評価されるというほど特に重要視されている社会貢献活動に焦点を当て、フィランソロピーの歴史と背景を説明し、日本企業の実例を挙げ、これから企業が、どのような形で社会貢献活動を続けていけばよいのかについて考えていく。
    その1つとして、特に、企業と子供教育への関わりこそが、これからの新しい形でないかと考察する。企業が教育に積極的に更に親密に関わることによって、将来の日本を担ってもらう若者が育つのではないかと考える。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    目次
    イントロダクション
    フィランソロピーとは
    (1)フィランソロピーの歴史と背景
    (2)フィランソロピーの種類 
    (3)社会貢献活動の実例
    教育に関わる社会貢献活動
    新しい社会貢献活動
    まとめ
    イントロダクション
     新潟中越地震やインド洋大津波で、大企業がどれだけ支援したのが話題になった。そんな、企業の社会貢献活動は現在、企業の社会的責任(CSR)の発展と共に、その一項目として語られることも多い。実際に社会貢献活動の方針を決めている会社は82%で、活動内容を一般に広く公開しているのは84%にまでのぼる。
    しかし、企業は株主のものである。短期的な利益の最大化を求める株主からすれば、大事な利益を社会のために使うなど、ばかばかしい話しだと思われる面もある。わざわざキャッシュアウトせずとも、雇用や納税を通じて立派に社会に貢献している。すなわち社会貢献活動は無駄であるという考え方もある。こんな発想はしかし、もう時代錯誤ではないか。理念と行動次第では、本業を豊かにする種まきにもなる。それこそが投資というものである。
    利益しか考えないで走る企業はいずれ滅びる。このことを、日本企業は1980年代から..

    コメント1件

    kg26kg26 購入
    大変、参考になりました。
    2007/02/21 6:10 (9年10ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。