広告戦略

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数358
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    最近、ナンバーポータビリティという言葉をよく耳にする。ナンバーポータビリティとは、携帯電話や固定電話等の電話の利用に際して、契約している電話会社(電気通信事業者)を変更しても、電話番号は変更しないまま、継続して利用できる仕組みである。つまり、番号持ち運び制度とも言われる。また、携帯電話については、MNP (Mobile Number Portability) とも呼ばれる。利用者の電話番号による囲い込みの防止により、サービスの向上・料金の低減を目指すために、今年10月から施行される。
    日本の携帯電話産業は、大手4社を中心に成り立っている。長い歴史の中、各社は顧客確保のために、様々なサービス向上やM&Aなどの戦略を行ってきた。そして、ナンバーポータビリティが施行されることによって、ますますの市場激化が予想される。現に、各社が行う戦略の中でも直接顧客にアピール出来る様々な広告戦略が際立っている。それぞれの会社が人気のあるタレントを起用して、新サービスを打ち出すなど個性豊かなものにしようと努力している。
    そこで、第3世代と言われる、高性能な機能を併せ持つ『FOMA』と『WIN』についてみていくことにする。この2ブランドは今や携帯電話ブランドの代名詞となっている。
    まず、『FOMA』についてだが、携帯電話産業の老舗であるNTTDoCoMoは、昔から日本の通信事業を支えてきた日本電信電話株式会社を前身に、設立された携帯電話会社である。それだけに、一般的に定着するのにも時間はかからなかった。
    次に、『WIN』は、KDDI株式会社がNTTDoCoMoの『FOMA』に対抗して作り上げたブランドである。KDDI株式会社の歴史は最終的に3つの会社がひとつになっているので、多少複雑である。その3つの会社とは・・・
    ・国際電信電話株式会社 (KDD)
    ・第二電電株式会社 (DDI)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    最近、ナンバーポータビリティという言葉をよく耳にする。ナンバーポータビリティとは、 携帯電話 や 固定電話 等の 電話 の利用に際して、契約している電話会社( 電気通信事業者 )を変更しても、 電話番号 は変更しないまま、継続して利用できる仕組みである。つまり、番号持ち運び制度とも言われる。また、携帯電話については、MNP (Mobile Number Portability) とも呼ばれる。利用者の電話番号による囲い込みの防止により、サービスの向上・料金の低減を目指すために、今年10月から施行される。
     日本の携帯電話産業は、大手4社を中心に成り立っている。長い歴史の中、各社は顧客確保のために、様々なサービス向上やM&Aなどの戦略を行ってきた。そして、ナンバーポータビリティが施行されることによって、ますますの市場激化が予想される。現に、各社が行う戦略の中でも直接顧客にアピール出来る様々な広告戦略が際立っている。それぞれの会社が人気のあるタレントを起用して、新サービスを打ち出すなど個性豊かなものにしようと努力している。
     そこで、第3世代と言われる、高性能な機能を併せ持つ『FOMA』と..

    コメント1件

    berabow 購入
    ソフトバンクについての内容が省略されていましたが、
    それでも4点をつけれる内容だと思います。
    ですが、500pはちょっとやりすぎ感が否めませんでした。
    2006/12/04 10:40 (10年前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。