免疫グロブリン

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数524
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    情報免疫分子抗体細胞構造

    代表キーワード

    免疫

    資料紹介

    抗体は
    B
    細胞の産生する分子であり,抗原と結合する.すべての抗体分子は
    4
    本のポリ
    ペプチド鎖からなり,そのタンパクは免疫グロブリン(
    immunogloblin; Ig
    )と呼ばれる

    免疫グロブリンは,生化学的・機能的に
    5
    つのクラスに分けられ

    IgM

    IgD

    IgG

    IgA

    IgE
    である.
    IgM
    は細菌やウィルスに感染した場合に,初期免疫で作
    られる抗体である.
    IgD

    B
    細胞表面に存在し,抗体産生の誘導に関与している.
    IgG
    はヒ
    ト免疫グロブリンの大半を占め,血漿中で最も量が多い抗体である.
    IgA

    2
    つの
    IgA

    子が結合した構造

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     抗体は
    B
    細胞の産生する分子であり,抗原と結合する.すべての抗体分子は
    4
    本のポリ
    ペプチド鎖からなり,そのタンパクは免疫グロブリン(
    immunogloblin; Ig
    )と呼ばれる

    免疫グロブリンは,生化学的・機能的に
    5
    つのクラスに分けられ

    IgM

    IgD

    IgG

    IgA

    IgE
    である.
    IgM
    は細菌やウィルスに感染した場合に,初期免疫で作
    られる抗体である.
    IgD

    B
    細胞表面に存在し,抗体産生の誘導に関与している.
    IgG
    はヒ
    ト免疫グロブリンの大半を占め,血漿中で最も量が多い抗体である.
    IgA

    2
    つの
    IgA

    子が結合した構造..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。