大量絶滅と進化

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数200
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     
    地球は今からおよそ46億年前に誕生し、化学進化が起こった。高温の状態で大気は酸素がない

    いわゆる嫌気状態であった。時々火山が噴火し、稲妻が発生して、高いエネルギーの存在を示す。こ
    こではまず二酸化炭素や窒素や水などの無機物から、アミノ酸などの低分子有機物が出来た。やが
    てそれらが結合して反応し、分子量の大きいタンパク質や核酸などの高分子有機物が出来る。一方

    ポリペプチドも連続して結合し、複雑なタンパク質が出来る。
    1953年にシカゴ大学で化学進化の実験が行われた。スタンレー・
    L
    ・ミラーは原始大気を
    まアンア、水、水素、ンをしその1を行った。する々な
    有機物質が出来たらしい。
    今から年前は地球はいま素が存在しないが、核酸ンパク質
    な二大がそ、有機物がに存在するこなった。このよにて、原始
    生誕生するよなる。酸素の無い状態でも有機物を分てエネルギーをする生物の
    誕生である。それは発れる嫌気を行原生物である。このの時、生初
    進化の分をる。アの原に分かれて進化していった。酸素が
    無い嫌気が続地球大量に存在した有機物が分れてし、二酸化炭素
    のがする。
    進化は大量にた二酸化炭素を有き..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。