大脳

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数366
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    情報科学障害運動行動役割感覚視覚

    代表キーワード

    大脳科学

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     大脳を外部構造から見ると左右に左半球と右半球があり,それぞれ,前頭葉,頭頂葉,
    後頭葉,側頭葉に分けられ,前頭葉と側頭葉の間の内側に島が存在する.中心溝より前は
    運動と行動の制御を,後ろは感覚と知覚情報の分析を司っているといえる.また,左右で
    みると,左半球は優位性,すなわち,言語・算術,理論等を主な役割とし,右半球は非優
    位側,すなわち,音楽・幾何学・発想等を主たる役割としている.大脳半球の表面,大脳
    皮質には,さまざまな機能が分業的に局在している.これを大脳皮質の機能局在という.
    それは,働きの上から運動野,感覚野,連合野等に分けられる.中でも連合野は,運動野
    感覚野以外の領野で,脳の働..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。