大腸がん

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数445
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    がん組織遺伝転移特徴分類欧米

    代表キーワード

    大腸がん遺伝

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     腫瘍は遺伝子異常が背景となり,異常増殖,不死性の獲得を行っている.この腫瘍は正
    常組織の細胞から発生している.この元になる正常組織は発生母地と呼ばれ,大きく上皮
    と非上皮に分類が行われる.また,浸潤し転移する能力を持つ腫瘍を悪性腫瘍,転移しな
    い腫瘍を良性腫瘍と分類している.一般的には悪性腫瘍の事をがんとよぶ.
     良性腫瘍で上皮に出来るものには乳頭腫・腺腫などがある.また,非上皮に出来るもの
    には平滑筋腫,脂肪腫,血管腫,骨腫,軟骨腫,線維腫などがある.一方,悪性腫瘍で上
    皮に出来るものには扁平上皮癌,移行上皮癌,腺癌などがありこれらは「大腸癌」と呼ばれ
    るものである.悪性で非上皮性のものには平滑筋肉腫,脂肪肉腫,血管肉腫,悪性リンパ
    腫などがある.
     腫瘍が悪性化していくと分化を行っていく.その分化は正常→過形成→高分化→中分化
    →低分化という段階を経る.低分化の組織と正常の組織を比較すると,形態学的な類似度
    は非常に低い.
    大腸は消化吸れたの腸ため,水分をしながら大便にする器あ
    り,結腸と直腸肛門からなる.大腸粘膜が存在する部位のどこからでもがんが発生し,特

    S
    腸とが大腸が..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。