薬物の特異的作用と受容体

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数251
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    薬物は細胞内のタンパク質,核酸,脂質などの生体分子と相互作用し,その分子の作用
    を増強したり抑制したりする.相互作用とは
    Physical interaction
    を指し,水素結合・静
    電相互作用・ファンデルワールス相互作用・疎水結合がこれにあたる.薬物が結合する生
    体分子は受容体(
    Receptor
    )とよばれ,その立体構造と
    affinity
    により特異性が決まって
    いる.薬物には拮抗的に受容体に結合することで生体内の伝達物質の結合を阻害するアン
    タゴニスト,受容体と強く結合し生体内伝達物質と同様の作用を行うアゴニストがある.
    アセチルコリンは(
    Acetylcholine
    )はコリンアセ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    薬物は細胞内のタンパク質,核酸,脂質などの生体分子と相互作用し,その分子の作用
    を増強したり抑制したりする.相互作用とは
    Physical interaction
    を指し,水素結合・静
    電相互作用・ファンデルワールス相互作用・疎水結合がこれにあたる.薬物が結合する生
    体分子は受容体(
    Receptor
    )とよばれ,その立体構造と
    affinity
    により特異性が決まって
    いる.薬物には拮抗的に受容体に結合することで生体内の伝達物質の結合を阻害するアン
    タゴニスト,受容体と強く結合し生体内伝達物質と同様の作用を行うアゴニストがある.
    アセチルコリンは(
    Acetylcholine
    )はコリンアセ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。