腎臓の構造および機能

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数788
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    腎臓は腹腔内腰部に存在し,脊柱の右側と左側に一つずつ腹部天井に押し付けられるよ
    うに位置している.その大きさは手の握りこぶし程度で,重さは
    100-150g
    ほどである.腎
    臓内の構造は外側に皮質,内側に髄質がある.腎臓における最小機能単位をネフロンとい
    う.皮質には糸球体とよばれる構造が約
    100
    万個程度あり,輸入動脈が糸玉状になり再び
    1
    本の輸出動脈となっている.ここで血液の濾過が行われ,一日あたり
    1,500ℓ
    の血液から

    10%

    150ℓ
    )の元尿が作られる.
    腎臓の主たる働きは血液を濾過し,また再吸収して体内の内部環境を整えて不要物を外
    界てるた尿をことと,ンを内として

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     腎臓は腹腔内腰部に存在し,脊柱の右側と左側に一つずつ腹部天井に押し付けられるよ
    うに位置している.その大きさは手の握りこぶし程度で,重さは
    100-150g
    ほどである.腎
    臓内の構造は外側に皮質,内側に髄質がある.腎臓における最小機能単位をネフロンとい
    う.皮質には糸球体とよばれる構造が約
    100
    万個程度あり,輸入動脈が糸玉状になり再び
    1
    本の輸出動脈となっている.ここで血液の濾過が行われ,一日あたり
    1,500ℓ
    の血液から

    10%

    150ℓ
    )の元尿が作られる.
    腎臓の主たる働きは血液を濾過し,また再吸収して体内の内部環境を整えて不要物を外
    界てるた尿をことと,ンを内として..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。