神経細胞の移動と分化

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数273
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ヒトを含めたほ乳類の中枢神経は神経細胞とグリア細胞という
    2
    種類の細胞から構成さ
    れている.形態もその生物学的機能も大きく異なるこの
    2
    種類の細胞は,発生学的には共
    通の祖先であるニューロブラスト(神経幹細胞)から発生・分化する.神経幹細胞とは,
    分裂・増殖することができ,継代を繰り返すことができ(自己複製能),神経細胞・アス
    トロサイト・オリゴデンドロサイトという中枢神経系を構成する
    3
    種類の細胞に分化する
    能力(多分化能)を有する未分化な神経系の細胞である.
     ニューロブラストの発見は
    80
    年代にさかのぼる.
    F. Nottebohm
    らはカナリアの海馬で
    の神経が再生することを

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     ヒトを含めたほ乳類の中枢神経は神経細胞とグリア細胞という
    2
    種類の細胞から構成さ
    れている.形態もその生物学的機能も大きく異なるこの
    2
    種類の細胞は,発生学的には共
    通の祖先であるニューロブラスト(神経幹細胞)から発生・分化する.神経幹細胞とは,
    分裂・増殖することができ,継代を繰り返すことができ(自己複製能),神経細胞・アス
    トロサイト・オリゴデンドロサイトという中枢神経系を構成する
    3
    種類の細胞に分化する
    能力(多分化能)を有する未分化な神経系の細胞である.
     ニューロブラストの発見は
    80
    年代にさかのぼる.
    F. Nottebohm
    らはカナリアの海馬で
    の神経が再生することを..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。