新薬の開発と臨床試験

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数388
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    新薬が認可されるまでにはさまざまなステップを経る必要がある.例えば,抗がん剤の
    開発は自然界の物質・合成化合物などから化合物ライブラリーを作製し,
    in vitro
    スクリ
    ーニングにより抗がん作用のある物質が同定される.そして,マウスなどの実験動物を用
    いて毒性試験が行われる.ここまでの試験は非臨床試験とよばれ
    in vitro
    ,実験動物のレ
    ベルで試験が行われる.非臨床試験をクリアした薬品は臨床試験(日本においては治験と
    呼ばれる)に進む事が出来る.
     臨床試験では目的別に第
    1
    相,第2相,第3相試験が行われる.第
    1
    相試験では薬剤の
    投与量をふり,少人数の健康な被験者を用いて最(

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     新薬が認可されるまでにはさまざまなステップを経る必要がある.例えば,抗がん剤の
    開発は自然界の物質・合成化合物などから化合物ライブラリーを作製し,
    in vitro
    スクリ
    ーニングにより抗がん作用のある物質が同定される.そして,マウスなどの実験動物を用
    いて毒性試験が行われる.ここまでの試験は非臨床試験とよばれ
    in vitro
    ,実験動物のレ
    ベルで試験が行われる.非臨床試験をクリアした薬品は臨床試験(日本においては治験と
    呼ばれる)に進む事が出来る.
     臨床試験では目的別に第
    1
    相,第2相,第3相試験が行われる.第
    1
    相試験では薬剤の
    投与量をふり,少人数の健康な被験者を用いて最(..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。