小児固形悪性腫瘍

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数334
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    小児悪性腫瘍は胎児期の臓器類似癌を特徴とし,遺伝子異常を伴う先天的要因で発症す
    る.通常,腫瘍固有の予後因子がある.治療には化学療法がよく,自然退縮もある.小児
    悪性腫瘍の第1位は急性リンパ性白血病であり,中枢神経系悪性腫瘍,神経芽腫,
    Non-
    Hodgkin
    型悪性リンパ腫,
    Wilms
    腫瘍,
    Hodgkin
    型悪性リンパ腫,急性骨髄性白血病,横紋
    筋肉腫,網膜芽細胞腫,骨肉腫,
    Ewing
    肉腫,その他と続く.疫学的には悪性腫瘍全体の

    2%
    が小児悪性腫瘍であり,小児(
    15
    歳未満)
    100
    万人に対して約
    130
    人である.この死
    亡率は約
    10%
    である.白血病,
    CNS

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     小児悪性腫瘍は胎児期の臓器類似癌を特徴とし,遺伝子異常を伴う先天的要因で発症す
    る.通常,腫瘍固有の予後因子がある.治療には化学療法がよく,自然退縮もある.小児
    悪性腫瘍の第1位は急性リンパ性白血病であり,中枢神経系悪性腫瘍,神経芽腫,
    Non-
    Hodgkin
    型悪性リンパ腫,
    Wilms
    腫瘍,
    Hodgkin
    型悪性リンパ腫,急性骨髄性白血病,横紋
    筋肉腫,網膜芽細胞腫,骨肉腫,
    Ewing
    肉腫,その他と続く.疫学的には悪性腫瘍全体の

    2%
    が小児悪性腫瘍であり,小児(
    15
    歳未満)
    100
    万人に対して約
    130
    人である.この死
    亡率は約
    10%
    である.白血病,
    CNS
    ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。