抗生物質と薬剤耐性

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数244
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    抗生物質の歴史は
    1929
    年イギリスのフレミングがブドウ球菌を塗りつけたペトリ皿に
    偶然に落ちたアオカビの一種の胞子によって,アオカビの周辺にはブドウ球菌が寄り付か
    ずに広く空いているのを発見したことにはじまる.フレミングはアオカビから出ている抗
    菌力のあるこの不明な物質をペニシリンと名付けた.
     抗生物質とは,このように微生物によって作られる化学物質で,他の微生物(感染症の
    原因となる微生物)に対して作用し,その発育を阻止または死滅させる物質のことである

    現在では抗菌,抗ウイルス,酵素阻害,制がんなどの作用をもつ物質を幅広くさしている

     抗生物質の働く仕組みはいくつかある.
    ペニシ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。