レジ袋と環境

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数213
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    レジ袋には買い物袋を持ち歩かずに済むこと、商品の水分や汚れの付着を気にしなくてもよい
    こと、ゴミを捨てる際に利用できることなどの消費者にとっての利便性、レジ袋の無償配布による
    集客効果や万引きの抑止効果などの小売店側の使用理由がある。一方、ゴミ全体に占める割合は少
    ないものの、大半のレジ袋は使い捨ての容器包装であることからゴミ量の増加要因となっている。
    (福岡雅子ら、
    2005

    また、物質としてのレジ袋にも問題がある。第一には、レジ袋は風に飛ばされやすく、野外で景観
    を破壊したり、湖沼等で葦などの植物にからいたり、をしてが
    てしたり、の水のらりする。第は、
    したにになり、ればゴミの分をたり、プ
    れる着、どがにすることである。第
    は、されず、半のたまましることである。このよ
    にず、にるのレジ袋は、にして
    いくがある。第は、レジ袋をにても問題はされないことである。から廃
    でにするといによってレ袋と無の
    の袋とのがれたによると、にかかず物量、ー
    消費量、大気汚質の量、水質汚質の
    目で、レりもの方が
    20
    %以

    も資源と環境のらが大きいとい 論をている。( 舟木賢徳、
    200
    6

    ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。