リソソームと病気

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数244
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     リソソームは真核生物が持つオルガネラのひとつである。このリソソームは生体膜に包
    まれた構造をしており、内部に加水分解酵素を保有している。リソソーム内部の水素イオン
    指数はプロトンポンプのはたらきによって
    pH5
    程度と酸性に保たれている。このため、リソ
    ソームが保有する加水分解酵素は酸性条件下で効率よく機能する。このことにより、中性で
    あるほかのオルガネラではリソソームが含む加水分解酵素は不活性となり、不要な反応を
    防いでいる。
    LVS

    lysosome/vacuole system
    )は外来性の異物や膜タンパク質をエンドサイトーシス
    して処理する際にいられる。とくにはロ()とれてお
    り..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。