リサイクル社会への道 要約

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数1,257
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ブック名: リサイクル社会への道・寄本勝美著/
    2003
    年・岩波新書/
    ISBN4-00-430857-7
    内容要約
    第1章: 危機への挑戦
     今日におけるごみ問題の特徴は、埋め立て地の確保が困難な事である。最終処分地の確保は必要不可
    欠なものであり、これを解決したらごみ問題のおおよそは解消される。しかしながら、わが国日本では埋
    め立て空間が少なく、新たに埋め立て地を確保するのは困難である。埋め立て地をめぐる問題は、国土の
    広い国、たとえばアメリカ・ワシントン州のシアトル市などでも起こいる。そこでは、市が
    の最終処分いかにするかとい題、そしてそのごみ処どるかといとである

    しかし、にして新しい処分州に確保する事がたシアトル市はごみを
    のにてごみのを必要。市がたのはリサイクルその
    のがサイ分といのである。それはにがでれ、各
    は分たサイにておく。はカサイ分別
    へのをされているわけではなく、である。、がに支
    れることはない。では、なくのがしているのか。シアトル市ではのごみにいつ
    いてはシしているため、でしている分ごみをば、その分の
    ごみのをすることがるのである。このごみの、市分する要
    な..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。