バイオイメージング

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数135
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ダイナミックな生命現象を可視化するための技術をバイオイメージングという.バイオ
    イメージングには共焦点レーザー顕微鏡,
    time-pulse
    顕微鏡という光学機器が用いられる

    これらの顕微鏡観察には,蛍光タンパク質の導入が必要となる.
     緑色蛍光タンパク質(
    GFP: Green fluorescent protein
    )は,
    1960
    年代にオワンクラゲ
    の発光器官から発見された.オワンクラゲは発光クラゲの一種で,おわん型の傘をもち,
    縁には
    100
    本の触手がある.刺激を与えると傘の縁や生殖腺が青緑色に光る.
    1992
    年には
    GFP
    遺伝され,ので用いられるにな.
    GFP

    47

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     ダイナミックな生命現象を可視化するための技術をバイオイメージングという.バイオ
    イメージングには共焦点レーザー顕微鏡,
    time-pulse
    顕微鏡という光学機器が用いられる

    これらの顕微鏡観察には,蛍光タンパク質の導入が必要となる.
     緑色蛍光タンパク質(
    GFP: Green fluorescent protein
    )は,
    1960
    年代にオワンクラゲ
    の発光器官から発見された.オワンクラゲは発光クラゲの一種で,おわん型の傘をもち,
    縁には
    100
    本の触手がある.刺激を与えると傘の縁や生殖腺が青緑色に光る.
    1992
    年には
    GFP
    遺伝され,ので用いられるにな.
    GFP

    47..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。