シグナル伝達

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数263
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     生体の恒常性(ホメオスタシス)は,細胞間および細胞内のシグナル伝達機構により制
    御 さ れ て い る . 細 胞 間 の シ グ ナ ル 伝 達 は 主 と し て 内 分 泌 性 連 絡 (
    cndocrine
    communication
    ),神経性連絡(
    neural communication
    ),近傍分泌性連絡(
    paracrine
    communication
    ),自己作用性連絡(
    autocrine communication
    ),ギャップ結合による連
    絡の
    5
    種類に分けられる.ホルモンや神経伝達物質,細胞増殖因子,サイトカインなど
    種々の細胞外シグナル伝達物質はこれらのいずれかの様式で細胞膜上・細胞内に存在する
    リガンド特異的な受容体に結合する.リガンドが受容体に結合すると,そのシグナルは細
    胞内シグナル伝達機構よって細胞内へ伝達され,細胞はそのシグナルに対して的確に応答
    する.このシグナルは,基本的にはタンパク質の構造の変化という形でさまざまなタンパ
    ク質に伝えられ,構造変化を受けたタンパク質はその機能を発揮する.ある細胞がある特
    定の細胞外シグナル伝達物質に応答す..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。