マクロファージと病気

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数306
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     免疫応答を担う細胞の多くは,骨髄において幹細胞から一生作られ続け,分化しながら
    体内に分布する.血液中の白血球とよばれる細胞がこれを担い,好中球・好酸球・好塩基
    球がある.広い意味での白血球には単球とリンパ球が含まれる.
     マクロファージは単球から分化する細胞で,アメーバ状の形態をしている.組織中のマ
    クロファージは通常,休止状態であり,ゆっくりと増殖を行う.休止状態のマクロファー
    ジは細胞表面に
    MHC
    クラスⅡをあまり発現しておらず,食作用により死んだ細胞などの処
    理を行っている.マクロファージはインターフェロン
    γ
    などの情報伝達物質を受け取ると
    活性化し,
    MHC
    クラスⅡの発現亢進..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。