ペスタロッチーの教育学

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数1,434
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ペスタロッチーはチューリッヒの医者の子どもとして生まれ、幼児期に父親を失い、青年時代にはフランス啓蒙主義、特にルソーの影響を受けた。チューリッヒの大学を出てからは、従来の志望であった法律家を断念し、1768年からは農場を経営し、1774年からは子供の学習と農場労働を一体化した貧民学校の経営に取り組んでいた。しかしながら、いずれの事業にも行き詰まり、貧窮と失意の中で友人のすすめに応じて発表したのが『隠者の夕暮』(1780)であった。特に「王座の上にあっても木の葉の屋根の蔭に住まっても同じ人間、その本質からみた人間、そも彼は何であるか」という冒頭の一文は有名である。
     ついで、『リーンハルトとゲルトルート』(1781)という教育小説を世に送り、その中で民衆の抱えている最大の問題の根源は貧困にあり、民衆の経済的自立の必要性を主張し、そのためには民衆教育が不可欠であることを力説している。さらに彼は、『探求』(1797)、『シュタンツ便り』(1799)、『ゲルトルート児童教育法』(『ゲルトルートはいかにその子らを教えるか』1801)と数多くの著書を残している。
    『ゲルトルート児童教育法』によれば、彼は教育の目的を、子どもが精神的(頭)、道徳的(胸)、身体的(手)に調和のとれた発達をするように援助するところにおいている。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ペスタロッチーの教育学(直観の原理など)について考察せよ。
    ペスタロッチーはチューリッヒの医者の子どもとして生まれ、幼児期に父親を失い、青年時代にはフランス啓蒙主義、特にルソーの影響を受けた。チューリッヒの大学を出てからは、従来の志望であった法律家を断念し、1768年からは農場を経営し、1774年からは子供の学習と農場労働を一体化した貧民学校の経営に取り組んでいた。しかしながら、いずれの事業にも行き詰まり、貧窮と失意の中で友人のすすめに応じて発表したのが『隠者の夕暮』(1780)であった。特に「王座の上にあっても木の葉の屋根の蔭に住まっても同じ人間、その本質からみた人間、そも彼は何であるか」という冒頭の一文は有名である。
     ついで、『リーンハルトとゲルトルート』(1781)という教育小説を世に送り、その中で民衆の抱えている最大の問題の根源は貧困にあり、民衆の経済的自立の必要性を主張し、そのためには民衆教育が不可欠であることを力説している。さらに彼は、『探求』(1797)、『シュタンツ便り』(1799)、『ゲルトルート児童教育法』(『ゲルトルートはいかにその子らを教えるか』1801)と数..

    コメント2件

    yuupyon 購入
    ありがとうございました。参考になりました。
    2006/09/03 9:54 (10年3ヶ月前)

    cgcpk190 購入
    よかったです
    2006/12/14 16:26 (10年前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。