日本は中国に勝てるのか

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数484
ダウンロード数29
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    〜中国は日本に勝てるのか〜
    日本とアジア        
    ここ最近日本ではどこへ行っても暗い話ばかりである。90年代に入ってバブルがはじけてから政治も教育も社会治安までもが暗いムードに包まれてしまった。それに加えてマスコミが日本はダメだと繰り返しそれが余計に日本社会を暗い雰囲気にしている。ここ数十年来の経済不振によって日本の国富は、1300兆円または3000兆円もの損失をだしたという。しかし日本以上に政治や社会に深刻な問題を抱えている中国ではどこへいっても明るい話が聞こえてくる、中国政府を筆頭に日本の学者やジャーナリストまでもが「二十一世紀は中国人の世紀」などといい「やがて日本は中国に呑み込まれる」「日本経済は中国の十分の一になる」といっている。日本の過去十数年間の経済不振に比べてアメリカは四%、中国は七%の経済成長を続けてきた。これが今後も続けば2027年の日本の経済規模はアメリカの四分の一以下、中国の五分の一以下に落ち込むとの予想もある。しかし日本も経済不振といわれながらもこれまでと変わらない高いレベルの社会生活を維持し続けている、いったい今後中国は日本を追い越すことができるのだろうか。ここで中国の問題と強みをあげていきたい。
     日本は経済大国といわれているが世界最大級の不良債権を抱えていることでも有名である。対照的に中国は世界最大の生産工場、世界市場となり二十一世紀に入ってから存在感を示しだした、しかし実は日本だけが莫大な不良債権を抱えていると思われていたが中国は日本の十倍にもなる不良債権を抱えているのだ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ~中国は日本に勝てるのか~
    日本とアジア
                   
    ここ最近日本ではどこへ行っても暗い話ばかりである。90年代に入ってバブルがはじけてから政治も教育も社会治安までもが暗いムードに包まれてしまった。それに加えてマスコミが日本はダメだと繰り返しそれが余計に日本社会を暗い雰囲気にしている。ここ数十年来の経済不振によって日本の国富は、1300兆円または3000兆円もの損失をだしたという。しかし日本以上に政治や社会に深刻な問題を抱えている中国ではどこへいっても明るい話が聞こえてくる、中国政府を筆頭に日本の学者やジャーナリストまでもが「二十一世紀は中国人の世紀」などといい「やがて日本は中国に呑み込まれる」「日本経済は中国の十分の一になる」といっている。日本の過去十数年間の経済不振に比べてアメリカは四%、中国は七%の経済成長を続けてきた。これが今後も続けば2027年の日本の経済規模はアメリカの四分の一以下、中国の五分の一以下に落ち込むとの予想もある。しかし日本も経済不振といわれながらもこれまでと変わらない高いレベルの社会生活を維持し続けている、いったい今後中国は日本を追い越すこ..

    コメント2件

    meermeer1207 非購入
    参考になった
    2006/08/02 14:17 (10年4ヶ月前)

    j_a2408 購入
    求めていたテーマにとても合った内容だったので凄く参考になった。
    2007/05/28 11:37 (9年6ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。