介護を実施する際の介護者のあるべき態度について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,852
ダウンロード数33
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    介護を実施するにあたってのあるべき態度として、心構えの面からいくつか書いていきたいと思う。
    まずは「共感的態度で受容し、相手の意思を尊重し、日常生活を支援する」こと。相手を尊重することが大切であると理解しているとしても、それが行動に示されて、相手に受け止められていなければ意味がない。相手の声に傾聴し、その人自身が人生の積み重ねであり、人生そのものとして受容・共感し、その人に合った生活が送れるよう支援することが大切である。
    次に、「介護が必要となった相手の気持ちを理解し、安心した生活が送れるよう援助すること」も大切。今まで出来ていた事ができなくなり、人の手を借りないと生活できないことに対しての情けなさ、不安感、羞恥心、いらだちなど様々な感情を抱いていることを理解し、それらに配慮した態度で接することが必要である。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    介護を実施するにあたってのあるべき態度として、心構えの面からいくつか書いていきたいと思う。
    まずは「共感的態度で受容し、相手の意思を尊重し、日常生活を支援する」こと。相手を尊重することが大切であると理解しているとしても、それが行動に示されて、相手に受け止められていなければ意味がない。相手の声に傾聴し、その人自身が人生の積み重ねであり、人生そのものとして受容・共感し、その人に合った生活が送れるよう支援することが大切である。
    次に、「介護が必要となった相手の気持ちを理解し、安心した生活が送れるよう援助すること」も大切。今まで出来ていた事ができなくなり、人の手を借りないと生活できないことに対しての情..

    コメント3件

    toratora 購入
    参考になりました
    2006/08/31 5:00 (10年3ヶ月前)

    pura48 購入
    参考になりました。
    2007/03/08 0:44 (9年9ヶ月前)

    yukitomo 購入
    参考になりました。
    2007/04/24 8:17 (9年7ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。