高齢者福祉に関する法律の移り変わりについて

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数503
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    老人福祉法は1963年に制定された。老人福祉の増進を目的とし、養護老人ホーム・特別養護老人ホーム・軽費老人ホームの入所措置等の施設福祉施策の体系化、家庭奉仕員派遣事業等の在宅福祉施策が着手されるなど老人福祉施策展開の枠組みが形成された。
    1982年には老人保健法が制定される。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     老人福祉法は1963年に制定された。老人福祉の増進を目的とし、養護老人ホーム・特別養護老人ホーム・軽費老人ホームの入所措置等の施設福祉施策の体系化、家庭奉仕員派遣事業等の在宅福祉施策が着手されるなど老人福祉施策展開の枠組みが形成された。
    1982年には老人保健法が制定される。1973年より医療機関での高齢者本人の窓口負担を無料とした老人医療費支給制度は廃止され、定額制の導入、原則70歳以上の高齢者を対象とする老人医療の他、健康診査・
    機能訓練・訪問指導など医療以外の保健事業が実施されるようになった。これらは予防からリハビリテーションに至る高齢者の保健・医療サービスの体系化を図るものであった。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。