自身の実践事例について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数287
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ?基礎的事項
    22歳、男性、知的障害者通所更生施設に通い、知的障害と自閉的傾向が見られる。家庭での生活支援は殆ど母が行っている。
    家庭では昼夜逆転、日に4回の精神安定剤の服薬の不徹底、偏食、間食、夜間の外出、要求が満たされないと母親への暴力が見られ、母が疲労困憊している様子が見られた。
    通所更生施設には週に2〜3回程度の通園で、活動への参加は自由気ままで要求が満たされないと職員や他の利用者に対して突き飛ばしなどの他害行為が見られていた。
    ?ニーズと本人・家族の希望
    ニーズは本人の家庭と通所更生施設での生活リズムを整えること、服薬の管理、母の負担を軽減することと思われ、本人は今の生活様式を変えることは望んでいないようであったが、家族は改善を希望していた。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ①基礎的事項
    22歳、男性、知的障害者通所更生施設に
    通い、知的障害と自閉的傾向が見られる。家庭での生活支援は殆ど母が行っている。
    家庭では昼夜逆転、日に4回の精神安定剤の服薬の不徹底、偏食、間食、夜間の外出、要求が満たされないと母親への暴力が見られ
    、母が疲労困憊している様子が見られた。
    通所更生施設には週に2~3回程度の通園で、活動への参加は自由気ままで要求が満たされないと職員や他の利用者に対して突き飛ばしなどの他害行為が見られていた。
    ②ニーズと本人・家族の希望
    ニーズは本人の家庭と通所更生施設での生活リズムを整えること、服薬の管理、母の負担を軽減することと思われ、本人は今の生活様式を変..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。