障害者手帳制度の概要について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数936
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    身体障害者の受けられるサービスは、身体障害者福祉法が定める障害の種類と等級によって決まってくる。身体障害者手帳の取得を申請し、手帳を取得しないとサービスを受けられないため、いわばサービス取得のための証明書ともいえる。手帳にはJR運賃割引等で介護者分も割引される1種、本人のみの2種の記載や、1・2級(重度)、3・4級(中等度)、5・6級(軽度)の6段階の等級が記載される。サービスとしては税制、雇用運賃割引、選挙の在宅投票、駐車禁止除外標識の交付、地方自治体の福祉タクシーや重度障害者医療費助成、障害者福祉手当等の単独事業においても利用されている。知的障害者の手帳としては療育手帳がある。身体障害者手帳とは違い、手帳取得は援助受給の絶対条件ではないが、特別児童扶養手当の受給、税の減免、JR運賃割引等を含む各種制度が受けられる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    身体障害者の受けられるサービスは、身体障害者福祉法が定める障害の種類と等級によって決まってくる。身体障害者手帳の取得を申請し、手帳を取得しないとサービスを受けられないため、いわばサービス取得のための証明書ともいえる。手帳にはJR運賃割引等で介護者分も割引される1種、本人のみの2種の記載や、1・2級(重度)、3・4級(
    中等度)、5・6級(軽度)の6段階の等級が記載される。サービスとしては税制、雇用運賃割引、選挙の在宅投票、駐車禁止除外標識の交付、地方自治体の福祉タクシーや重度障害者医療費助成、障害者福祉手当等の単独事業においても利用されている。
     知的障害者の手帳としては療育手帳がある
    。身体..

    コメント1件

    pura48 購入
    参考になりました。
    2006/10/16 11:59 (10年1ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。