公的年金の概要について説明しなさい。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数437
ダウンロード数17
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    国民年金の被保険者は自営業や学生・フリーターなどの第1号被保険者、サラリーマンや公務員・教職員などといった第2号被保険者、第2号被保険者の収入により生計を維持している第3号被保険者の3つである。
    65歳以降支払われる基礎年金としては、老齢基礎年金、障害基礎年金、遺族基礎年金の3種類ある。老齢基礎年金は65歳に達した時に支払われる。20歳から60歳までの40年間保険支払いをした場合、現在では満額で年額794,500円の支給がある。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    国民年金の被保険者は自営業や学生・フリーターなどの第1号被保険者、サラリーマンや公務員・教職員などといった第2号被保険者、第2号被保険者の収入により生計を維持している第3号被保険者の3つである。
    65歳以降支払われる基礎年金としては、老齢基礎年金、障害基礎年金、遺族基礎年金の3種類ある。老齢基礎年金は65歳に達した時に支払われる。20歳から60歳までの40年間保険支払いをした場合、現在では満額で年額794,500円の支給がある。
    また、第1号被保険者は付加年金、寡婦年金、死亡一時金、脱退一時金の独自の4種類の給付制度がある。
    我が国の年金制度では第1号被保険者以外はその他に国民年金に加えて厚生..

    コメント1件

    sakura1220 購入
    参考になりました
    2007/06/06 13:21 (9年6ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。