わが国における社会福祉の理念とその展開について歴史的に考察しなさい。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,613
ダウンロード数18
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    戦前の社会福祉の制度としては1874年制定の恤救規則や1929年制定・1932年実施の救護法、1938年制定の社会事業法などといったものがあったが、財源が不確かで社会情勢に左右され易く恩恵的な施策であったため、当時は親族の援助や近隣の施しを受けての生活が中心であった。人々の間には生活が困難な人への哀れみ、施しという意識が強かった。
     しかし戦後、海外引揚者、傷痍軍人、戦争による身体障害者、孤児、失業者など、生活困窮者が短期間に増加し、今までのような恩恵的な制度や家族や隣人、民間の慈善団体では救済しきれなくなり、

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     戦前の社会福祉の制度としては1874年制定の恤救規則や1929年制定・1932年実施の救護法、1938年制定の社会事業法などといったものがあったが、財源が不確かで社会情勢に左右され易く恩恵的な施策であったため、当時は親族の援助や近隣の施しを受けての生活が中心であった。人々の間には生活が困難な人への哀れみ、施しという意識が強かった。
     しかし戦後、海外引揚者、傷痍軍人、戦争による身体障害者、孤児、失業者など、生活困窮者が短期間に増加し、今までのような恩恵的な制度や家族や隣人、民間の慈善団体では救済しきれなくなり、1946年の(旧)生活保護法をかわきりに次々と社会福祉関連法が制定され、初めて本格..

    コメント1件

    hanamikan 購入
    参考になります。
    2007/05/08 7:53 (9年7ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。