日本国憲法の基本原理は何か、またそれは憲法改正により変更可能であるか

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数1,257
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    近代憲法は、国民が国民を代表とする議会を通じて国政に参加できる国民主権、立法・司法・行政の三権がそれぞれ別の機関により担われる三権分立、思想信条の自由や法の下の平等といった基本的人権の尊重の三つの特徴を備えるとされている。日本の明治憲法は近代憲法としての特徴を持ってはいたものの、国民主権・三権分立・基本的人権の保障は広い範囲におよぶ天皇大権の下でのことであり、本来の意味である近代憲法が日本で成立したのは1947年施行の日本国憲法によってである。
    日本国憲法の基本原理は憲法の前文に表れているように、国民主権・平和主義・基本的人権の保障である。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    近代憲法は、国民が国民を代表とする議会を通じて国政に参加できる国民主権、立法・司法・行政の三権がそれぞれ別の機関により担われる三権分立、思想信条の自由や法の下の平等といった基本的人権の尊重の三つの特徴を備えるとされている。日本の明治憲法は近代憲法としての特徴を持ってはいたものの、国民主権・三権分立・基本的人権の保障は広い範囲におよぶ天皇大権の下でのことであり、本来の意味である近代憲法が日本で成立したのは1947年施行の日本国憲法によってである。
    日本国憲法の基本原理は憲法の前文に表れているように、国民主権・平和主義・基本的人権の保障である。憲法は時代の経過による経済・社会状況の変化や国民の解釈..

    コメント1件

    ruruchan 購入
    あまりよくわからないレポートでした
    2006/08/06 13:14 (10年4ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。