システム

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数371
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    システムというと様々なものがある。経済システム、経営システム、管理システム…そのような中で、私は現在話題性のある環境マネジメントシステムについて調べることにした。
    1970年頃から地球温暖化などの環境問題が、人類全体の話し合うべきテーマとなっている。しかし20世紀後半に入り、科学技術の発達により、人口が20世紀前半の4倍となる60億人に達した。この人口増加に伴い、大量消費・大量生産が行われ20世紀は環境問題がさらに発生した世紀であった。日本においても不法投棄件数が2000年には1995年の4.6倍の1273件にもなっていた。この20世紀の環境問題はエネルギーの節約、私たちの生活習慣の見直しなどの議論のきっかけとなった。そして現在は21世紀である。21世紀は人類にとっての最大の問題は地球環境問題であり、過去から環境対策の失敗も学んでいる。環境対策を規制することだけでは環境問題は解決できないことも経験した。それゆえ、市民の参加を求めるようになってきたのである。市民が参加することによって、参加した者の権利・債務として、組織の環境対策の監視、コントロール=市民コントロールを必要としているのである。このようなことから21世紀は環境の世紀とも言われているようだ。

    環境問題とはどのようなものがあるのか。先に述べた地球温暖化をはじめ、オゾン層破壊、廃棄物処理などがあげられる。この環境問題に貢献できるような企業経営を行おうとすることを環境経営といい、1992年の環境サミット(UNCED:国連環境発展会議)前後から企業に対する環境経営の働きかけが強くなった。今日の企業の大きな課題は本来の企業存続のための活動と、この地球環境問題のための活動をいかに両立していくかということである。そして環境経営を継続的にシステムとして取り組むためのツールの1つとして、ISO 14001:2004規格に基づく環境マネジメントシステム(EMS)というものがある。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    システム
    システムというと様々なものがある。経済システム、経営システム、管理システム…そのような中で、私は現在話題性のある環境マネジメントシステムについて調べることにした。
    1970年頃から地球温暖化などの環境問題が、人類全体の話し合うべきテーマとなっている。しかし20世紀後半に入り、科学技術の発達により、人口が20世紀前半の4倍となる60億人に達した。この人口増加に伴い、大量消費・大量生産が行われ20世紀は環境問題がさらに発生した世紀であった。日本においても不法投棄件数が2000年には1995年の4.6倍の1273件にもなっていた。この20世紀の環境問題はエネルギーの節約、私たちの生活習慣の見直しなどの議論のきっかけとなった。そして現在は21世紀である。21世紀は人類にとっての最大の問題は地球環境問題であり、過去から環境対策の失敗も学んでいる。環境対策を規制することだけでは環境問題は解決できないことも経験した。それゆえ、市民の参加を求めるようになってきたのである。市民が参加することによって、参加した者の権利・債務として、組織の環境対策の監視、コントロール=市民コントロールを必要として..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。