小学校において教育相談を行う場合、どのような点に注意しなければならないか。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数577
ダウンロード数58
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    教育相談とは、一人一人の児童・生徒の教育上の諸問題について、本人又はその親、教師などにその望ましいあり方について助言指導することであり、個人の持つ悩みや困難の解決を援助することによって、その生活によく適応させ、人格の成長への援助を図るものであると定義されている。不登校の予防や教育相談を行うためには、不登校の現状と原因を知る必要がある。不登校には、以下の3つのタイプがある。
    ◆神経症タイプ
    登校の意志はあるが身体の不調を訴えたり、漠然とした不安を訴えて登校できない状態に陥る情緒不安定なタイプ。
    ◆無気力タイプ
    無気力になりなんとなく登校しない。登校しないことへの罪悪感少なく、迎えに行ったり強く催促すると登校するが長続きしない。
    ◆非行・怠学タイプ
    遊ぶためや非行グループに入って登校しないタイプ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『小学校において教育相談を行う場合、どのような点に注意しなければならないか。いじめ・不登校のいずれかを取り上げて説明せよ。』
    教育相談とは、一人一人の児童・生徒の教育上の諸問題について、本人又はその親、教師などにその望ましいあり方について助言指導することであり、個人の持つ悩みや困難の解決を援助することによって、その生活によく適応させ、人格の成長への援助を図るものであると定義されている。不登校の予防や教育相談を行うためには、不登校の現状と原因を知る必要がある。不登校には、以下の3つのタイプがある。
    ◆神経症タイプ
    登校の意志はあるが身体の不調を訴えたり、漠然とした不安を訴えて登校できない状態に陥る情緒不安定なタイプ。
    ◆無気力タイプ
    無気力になりなんとなく登校しない。登校しないことへの罪悪感少なく、迎えに行ったり強く催促すると登校するが長続きしない。
    ◆非行・怠学タイプ
    遊ぶためや非行グループに入って登校しないタイプ。
    小学校の不登校児童は、神経症タイプと無気力タイプが多い。小学校における不登校の主な原因は、友人との関係性や学業に対する不振、いじめ、身体的なコンプレックスなどが考えられる..

    コメント14件

    ktmmtk 購入
    とても参考になりました。
    2006/07/20 16:43 (10年4ヶ月前)

    yuuka1105 購入
    今後の勉強の参考にさせていただきます
    2006/07/20 22:33 (10年4ヶ月前)

    tomokoonei 購入
    参考になりました
    2006/07/22 22:33 (10年4ヶ月前)

    akimori1234 購入
    とてもよかったです。
    2006/07/26 16:28 (10年4ヶ月前)

    tetuji13 購入
    参考になりました。
    2006/08/02 23:33 (10年4ヶ月前)

    ash821 購入
    読みやすかったです。
    2006/10/07 15:10 (10年2ヶ月前)

    kaerunoko 購入
    読みやすかったです。ありがとうございました。
    2006/10/07 20:42 (10年2ヶ月前)

    cgcpk190 購入
    よかった
    2006/11/23 2:15 (10年前)

    dpddll 購入
    ありがとうございました
    2006/11/29 19:34 (10年前)

    sun26light 購入
    参考にさせていただきました。
    2007/04/03 12:29 (9年8ヶ月前)

    arisa 購入
    参考にさせていただきます。
    2007/04/03 22:55 (9年8ヶ月前)

    moe 購入
    参考になりました。
    2007/04/04 13:28 (9年8ヶ月前)

    rico 購入
    参考になりました
    2007/04/09 21:43 (9年8ヶ月前)

    takuya0902 購入
    参考にします。
    2007/06/09 22:57 (9年6ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。